目袋 クリーム おすすめ

涙袋というのは、その人の目を大きくみせる効果があるので、メイクによって強調することが近頃はやっています。

しかし、涙袋には欠点もあり、それは年齢の影響を受けやすいということです。年を重ねてたるんでいくと、涙袋ではなく「目袋」となってしまい、老け顔を強調する存在になる恐れがあります。

そんな老け顔を改善するためには、たるみをなくすことが必要ですが、その方法としてアイクリームを利用することが徐々に浸透しています。このサイトでは、アイクリームの効果、アイクリームの使い方、いろいろなアイクリーム商品の紹介をします。

1.アイクリームの効果

目袋がたるんでしまう原因は皮膚の老化ですが、原因を二つに分けてみると、(1) 筋肉の衰え、(2) 潤い・弾力・ハリの低下、となります。(1) については、筋肉をつけるためのエクササイズによる対策で、(2) については、アイクリームに含まれている美容成分で改善することができます。

皮膚のハリ・弾力が失われる原因としては、コラーゲン(肌に潤いを与える成分)やエラスチン(しなやかな肌を保つ成分)の減少が挙げられますが、これは、皮膚の老化だけではなく、紫外線を浴びて皮膚が乾燥することでも起こります。

アイクリームを選ぶ際、どのような美容成分が含まれているのかは大事ですが、コラーゲンやエラスチンを減少させる原因である乾燥対策としては、以下の成分が効果的です。

琥珀エキス(クジガンバロール)

環状リゾホスファチジン酸Na

加水分解ヒアルロン酸

スクワラン

黒砂糖エキス

オリーブ果実油

元である紫外線対策としては、以下の成分が効果的です。

プルーン分解物

ピュアビタミンC

また、一般的に目袋は皮膚の薄い場所であり、美容成分というのは皮膚の薄い場所にはたまりにくいという弱点があるので、その弱点を補うようなアイクリームを選ぶことも重要です。例えば以下のような特徴を持ったアイクリームは、目袋にも美容成分を十分に与えてくれます。

・ビタミンC誘導体でセラミドを補うことにより水分が逃げていくのを防ぐ

・美容成分を超微小カプセルに包み込むことにより、目元の薄く敏感な肌への負担を軽減させながらも、成分を長時間にわたり滞留させる

・肌から水分を逃さないようにフタをする天然成分が含まれている

2.アイクリームの使い方

アイクリームを使用するタイミングとしては、化粧水などで肌の状態を調整した後、メイクをする前、スキンケアの最後に使う、などが一般的です。後でも出てきますが、「ビーグレン」のように、専用の洗顔・化粧水・Cセラムを使用後にアイクリーム、というように順番が定められているものもあります。

アイクリームの塗り方について留意するべき点としては、力を入れすぎないことがあります。前述のとおり、目元の皮膚は薄いのでデリケートです。頬や手にクリームを塗るよりも優しい力で大丈夫です。

大体のアイクリームが敏感肌でも使用できますが、使用前に二の腕の内側などでパッチテストを行なうことが推奨されています。肌に合わない可能性もあるため、可能なら返金保証がついている商品がオススメです。商品によっては、乾燥の気になる場所には二度塗りを推奨しているので、パッチテストで異常がない場合には、たくさん塗っても悪影響はないように思います。

アイクリームの購入方法としては、定期コースがオススメされています。ある程度の期間を継続して使用しないと効果が実感できないから、というのが理由だそうです。最低でも二、三か月継続して使用しないと明白な効果が実感できないようです。

大体のアイクリームは子供でも使用可能ですが、目や口に入ると悪影響を及ぼす恐れがあり、その点では注意が必要です。ただ、アイクリームの効果が目袋のたるみ改善なので、中学生などが使用する意味は薄い気がします。

3.いろいろなアイクリーム商品の紹介

(1)リペアップ琥珀プラス

(公式サイト:https://life-time-beauty.jp/lp/repairup/)

岩手県久慈産の「琥珀抽出物(コハクエキス)」は、抗アレルギー作用と抗酸化作用を有しており、岩手大学が研究して特許を取得しています。また、「環状リゾホスファチジン酸Na (NcPA)」は、お茶の水女子大学で研究された「生体内成分」で細胞を活性化させることにより、正常な細胞の分裂を促進させるというもので、こちらの成分でも特許を取得しています。

これらの成分をナノリポソーム化(肌への浸透をよくすること)しているので、皮膚の薄さから美容成分が浸透しずらい目袋にも効果的であり、保湿された状態が長時間続くようになっています。

「化粧品機能評価法ガイドライン」に基づいた効能評価試験において、第3者機関で構成された23名のモニターが実際に8週間使用して、抗シワ試験を実施したところ、ガイドラインよりも良い効果が出て合格しています。そのため、他よりも信頼のおけるアイクリーム商品といえるでしょう。

また、初回は30日間返金保証もついており、通常価格8000円(税抜き)のところが1980円(税抜き)となっているので、実際に使用してみて効果があるのか試してみるのもいいのではないでしょうか。

(2) ピーグレン目元ケアトライアルセット

(公式サイト:https://www.bglen.net/?gclid=Cj0KCQjw3ebdBRC1ARIsAD8U0V603yFgVh_jhDacWYF3-_xtH-jv9qgmYEsos85IglpLMK21TJBamWwaAiLHEALw_wcB&trflg=1)

こちらの商品も効能評価試験を受けており、その内容が医学専門誌に掲載されているので信頼のおける商品でしょう。トライアルセットの価格は1800円で、365日の返金保証もついています。内容は目元ケアに絞ったものとなっており、約1週間使うことができます。

(3) メモリッチ

(公式サイト:https://memorich.jp/lp/?asp=3&utm_source=gss&utm_medium=cpc&utm_campaign=yagou)

アイキシルという独自成分が特徴です。セラミド(脂質の一種)をサポートすることにより、水分が逃げることを防ぐ工夫が施されています。価格は2327円で、30日間の返金保証がついています。

(4) アテニア

(公式サイト:https://www.attenir.co.jp/trialset/first02/index.html)

こちらの商品は、まぶた、目じり、目の下の三大エイジングポイントをケアしてくれるアイクリームです。ピンポイントで目袋のケア、というわけではありませんが、目の下のケア効果もあるので、目袋のたるみにもいい効果をもたらすと思います。通常価格4791円のところ、初回は3291円で購入することができますが、返金保証は見つからなかったので存在しないのかもしれないです。

(5) ミューノアージュ

(公式サイト:https://www.munoage.com/trial_w/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=sh_google00_trial&gclid=Cj0KCQjw3ebdBRC1ARIsAD8U0V6l_sluR5seKlzcy93R2CM6cWEDaOO61t5orri-MiLaXDPjgMzi56EaAlQTEALw_wcB)

目元だけでなく肌ケアに適した7つのペプチドを大量に使用した商品です。ほうれい線のケアにも使用できる商品です。通常4000円相当のところ、初回は1620円で購入することができ、10日間の返金保証がついています。

(6) TREE

(公式サイト:http://tree-cosme.co.jp/)

まつ毛美容液ですが、目元の保湿効果も有しています。「目元とまつ毛のご褒美」という商品では、初回価格は980円となっていますが、返金保証は見つかりませんでした。

(7) アイキララ/北の快適工房

(公式サイト:https://www.eyekirara.com/pc/index.htm)

効能評価試験を行っており、結果に関する論文が研究誌に掲載されているので、信頼のおける商品です。目の下の悩みを改善し、明るい目元の実現を目指します。1か月分のお試しコースで2682円(税抜き)となっており、25日間の返金保証がついています。

(8) B.A ザ アイクリーム/ポーラ

(公式サイト:https://net.pola.co.jp/beauty/products/item/brand/redba.html?gclid=Cj0KCQjw3ebdBRC1ARIsAD8U0V4H4-R28kQA87sLHm3GhlrX0bjvs_M2VhVsJThqeR29jxaANRYHV54aAvFUEALw_wcB#)

肌がもともと持っている働きを発揮することに着目した「リブートバイオアクティブ理論」の元に、変化に富む毎日を過ごす女性へのアンチエイジングケア商品です。色々な商品があり、最安値は5184円となっていますが、返金保証はなさそうです。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る